東栄端子のCSR

東栄端子のCSR

私たち東栄端子とその従業員は、環境方針・行動理念をもとに
地球環境・労働環境の継続的な改善および保全に取り組みます  ―――

1. 人を敬う

●人権

『人権尊重』

すべての人の人権を尊重し、差別待遇をいたしません。

『ハラスメントの禁止』

すべての人の人格や人間性を尊重し、これらを否定するような言動や嫌がらせはいたしません。

●労働環境

『適正な労働条件』

関係法令や従業員就業規則を遵守し、適正な就業を守ります。

『安全衛生の確保』

安全・安心を確保した衛生的な就業環境の整備を継続し、働きがいが感じられる職場の風土づくり
をいたします。

2. ステークホルダーとは公平・公正な取引を

●公正取引

『優越的地位の乱用の禁止』

取引先様等に不利益を与える行為はいたしません。

『反社会的勢力との関係遮断』

反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で臨み、すべての関係を遮断いたします。

3. 製品には安全・安心を

●情報開示

『会社情報の適正な開示』

会社の情報は、事実を正確かつ適切に開示いたします。

『商品詳細情報の適切な開示』

取扱商品の品質・価格・納期をはじめとして、将来的な供給動向を含めた関係する一切の情報は、
事実を適切に開示いたします。

4. 地球環境にやさしく

●環境保全

『輸送負荷の低減』

輸送効率の改善により、かかるエネルギーの低減と同時に環境負荷物質の軽減を推進いたします。

『リサイクルプログラムの活用』

部品在庫リサイクルプログラムを活用し、被災地の子供たちの未来を継続的に応援いたします。

在庫リサイクルプログラム

5. 役員と従業員の義務と責任

●コーポレートガバナンス

『コンプライアンスの徹底』

法令等の遵守とあわせて、社会の構成員としての価値観や倫理観に沿った行動を実践いたします。

『内部統制システムの適正な運用(役員の責務)』

社会的責任を適切に果たすために役員が率先して内部統制システムを遵守すると伴に、継続して
その適正な運用と継続的な改善に取り組みます。

『リスクマネジメントの実践』

目標達成にとって悪影響を及ぼす可能性のある事象を特定し、回避または低減をはかる方策を
実践いたします。

●BCP(事業継続計画)

『人命尊重』

人の生命および身体の安全確保を最優先に行動いたします。

『二次被害の拡大防止』

二次災害が発生する危険があることも想定し、緊急時の対応策を準備し職場内に周知徹底いたします。

『重要事業の継続』

不測の事態が発生したときにも、営業面の供給責任をはじめ中核的な業務を速やかに復旧させるための
事業継続計画の策定と定期的な見直しに取り組みます。

2021年4月8日
東栄端子株式会社
代表取締役 筒井幸夫